Notice: CountPerDay_Widget で呼び出された WP_Widget のコンストラクターメソッドはバージョン 4.3.0 から非推奨になっています。代わりに
__construct()
を使ってください。 in /home/hekikuu/hekikuu.net/public_html/wordpress/wp-includes/functions.php on line 3893
東方輝針城Lunaticクリアしました | 碧空の向こう

201309

30

東方輝針城Lunaticクリアしました

[嘘あらすじ]
天竺を目指して旅するratilt一行は、2年間放置していた『東方神霊廟 ~ Ten Desires.』Lunaticを半月に及ぶ死闘の末、瓢箪『紅葫蘆(べにひさご)』に封じることに成功した。しかし平穏も束の間、ratilt達に新たな試練が訪れる。。。(適当)

二連続で東方記事となってしまいましたが、最新作『東方輝針城 ~ Double Dealing Character.』のLunatic攻略が完了しました! 名誉のために申し上げますが、しばらく更新が滞ってたのは納期間近だったせいです。繰り返しますが納期のせいです。

さておき、まずは輝針城をプレイしての感想ですが、

「私の時代ktkr」

というのも、私が東方に入ったのは妖々夢からだったわけですが、この頃は点符エクステンドシステム、つまり点アイテムを一定数集めると残機が増えるというシステムでした。そのため、稼ぎプレイ時にはひたすら隙を見て点符を上部回収するスキルを磨いていたのですが、地霊殿以降このシステムは廃止。以来クリア重視攻略において点符は無視され続け、しかし妖々夢時代のクセが抜けない私は、無理して上部回収しに行って\ピチューン/ また攻略のためと何とか我慢しても、ばらばら落ちていく点符にストレスがマッハ(以下恨み節省略)

しかし今作東方輝針城では! アイテムを一度にたくさん回収すると残機またはボムの欠片が出現!! 一度に回収というのは当然上部回収を意味するため、これはもう私の時代と言っても過言ではないでしょう(真顔)

というわけで、Normal・Hard・Extraは難なくクリアしたratiltさんでしたが、Lunaticなんやこれ・・・(震え声) 前述のエクステンドシステムのおかげで、序盤から綿密なパターン構築を求められる神霊廟と異なり、4面までは何も考えずとも辿り着けるのですが、4面からが完全に異次元。こら神主の言う通りボムゲーですわ。。。

と言いつつも、霊夢Aのボム近接ぶっぱが高火力なので、ごり押しするできる分には神霊廟より苦労は少なかった感がありました。弾幕難易度で言えば当然輝針城が上ですが。クリアの最大の障害と言えば今回は5面ですね。まあ5面ですね。5面と御免をかけた高度なギャグ

クリアリプレイですが、例によってSkyDriveにアップしていますので、こちらも新たに追加したメニューのDataページからどうぞ。個人的には4面ボム切れ時の覚醒プレイがイチオシですw

ちなみにアイキャッチ画像は今回一番笑ったスペル。『進撃の小人』といい、今回の6面はいろいろとひどいですねw(褒め言葉)

Extraも久々に面白かったので、後日気が向けばこちらの内容にも触れたいと思います。

[2013/10/05 追記]
例によって3機2ボム残しでクリアできたのでリプレイデータを差し替えました。4面道中を大幅に安定化。以前のリプレイと比較すると後半のラッシュ地帯が神プレイ化してます(ry

コメント