Notice: CountPerDay_Widget で呼び出された WP_Widget のコンストラクターメソッドはバージョン 4.3.0 から非推奨になっています。代わりに
__construct()
を使ってください。 in /home/hekikuu/hekikuu.net/public_html/wordpress/wp-includes/functions.php on line 3893
【シーズン5】シングルレート2000達成構築 | 碧空の向こう

201409

04

【シーズン5】シングルレート2000達成構築

気付けば9月ということでまた3ヶ月ほど空いてしまいましたが、その間何をやってたのかといいますと、おおよそポケモンしかしてません(デジャヴ)
今回はついにシングルレートで念願の2000突破を達成しましたので、その構築紹介でも。

single

レート2000を越えないと廃人としての人権を得られないと言われるポケモン界隈ですが、ついに私も発言権を得られたということで、メモがてら2000達成パーティの紹介です。
このパーティで2000越えられるのか・・・とか思っていただければ幸い。

  • サンダース
  • エルフーン
  • エンペルト
  • アグノム
  • メバガシャーモ
  • メガルカリオ

シーズン4の途中から使い始めたパーティですが、これまで単体性能と相性補完だけでパーティを組んでた節があったため、『パーティ全体で勝つ』『パーティの勝ちパターンを確立させる』ことを目標に組んだ構築です。

コンセプトとしては起点構築からの積みエースによる全抜き。エンペルトのステルスロック+あくびで起点を作り、エースで積んで抜いていくというルートになるため、基本選出はエンペルト+エースどちらか+補完枠(主に地面を受けられるエルフーン)となります。

そしてもう一つの狙いが選出誘導。

パーティの4/6に地面で抜群が取れるため、先発にはガブリアス等の地面が撃てる高速アタッカーを高確率で呼びます。この場合はエンペルトを合わせてあくびからのステルスロック展開。

また、一見高火力の物理に対して受け出しできそうなポケモンが見当たらないため、メガガルーラやローブシンといった物理アタッカーも先発に呼びやすいです。この場合は先発エルフーンでコットンガードからのやどみがループ。

そしてバシャーモ、ルカリオという明らかなエースに対して上を取るため、フィニッシャーとしてファイアローを強く呼びます。こちらに対してはエンペルトでステルスロックを撒いておき、積んだメガルカリオのしんそくでさらに上を取って処理します。

・・・といった形で、メジャーどころに対しての勝ちパターンを大体組めてたので、非常に戦いやすいパーティでした。

以下個別紹介です。

                  ♪ ♪ ♪

サンダース
サンダース♂@こだわりメガネ
性格:ひかえめ 特性:ちくでん
実数値:141(4)-x-80(0)-178(252)-115(0)-182(252)
ボルトチェンジ めざめるパワー(氷) シャドーボール 10まんボルト

例によって相棒枠。火力確保のために性格はひかえめ。
今回の構築では、後述するエンペルトでのあくびループからボルトチェンジで抜けようとするウォッシュロトム等をキャッチするのが主な役割でした。

また、起点構築役のエンペルト・エルフーンが両方辛いメガルカリオに対し、上から10まんボルトで確1取れるのが凄く大きいです。おくびょうだと届かないので、基本的に対面からならまず引かれません。

その他、受けループ入りのグライオンにめざパ氷をぶち込んだり、先発に出てきやすいライボルトに対して対面から殴り勝てたり、H振りクレセリアをステルスロック+シャドーボール2発で処理できたり、何かとお仕事多い子。舐めた選出に対しては3タテかましてくれることもしばしば。

エルフーン
エルフーン♀@たべのこし
性格:ずぶとい 特性:いたずらごころ
実数値:161(204)-x-150(252)-97(0)-102(52)-136(0)
やどりぎのタネ みがわり コットンガード アンコール

悪魔の物理受け。主にメガガルーラ、ガブリアス、マリルリなどの高火力物理を起点にやどみがループで嵌めるのがお仕事です。
コットンガード2積み(6積み)で、いじっぱりメガガルーラのすてみタックルをみがわりがおやこあい込みで確定耐えという驚異の耐久力。
パーティ単位で一貫性の高い水・地面に対して後出しから受けを間に合わせ、無理矢理やどみがループに持って行ける嵌め性能の高さが魅力的です。先発エルフーンで完封、という試合もザラにありました。

特殊を受けざるを得なくなった場合でも、やどりぎを蒔いた状態からの死に際アンコールで氷技をロックし、後ろのメガバシャーモ、メガルカリオの起点にしていくという動きができます。ただし今シーズンで幅を利かせてたメガネニンフィアはお察し(

エンペルト
エンペルト♂@ふうせん
性格:ずぶとい 特性:げきりゅう
実数値:191(252)-x-146(196)-131(0)-129(60)-80(0)
ステルスロック あくび ほえる なみのり

起点構築役。よほど辛い相手を先発に呼びそうな場合以外は基本的に先発起用。
ラグラージとの差別化ですが、ふうせんエンペルトは抜群技+アクアジェットの型がテンプレなので、型バレしづらい、またパーティ単位で呼びやすくしてある地面に対して強い圧力をかけられる点が挙げられます。

先発でガブリアスと対面した場合などは間違いなく引いてくるので、あくびから入ってステルスロック、という展開が非常に決まりやすいです。大抵の攻撃を一撃耐えるように調整してあるので、あくびループに持ち込んでからの控えの積みエースで全抜き、というのが勝ちパターン。

ほえるは起点回避用。攻撃技は命中安定のなみのりで。
初手メガゲンガーにちょうはつされた場合でも、シャドーボールは2耐えするので、なみのり+げきりゅうなみのりで持っていけたりと、攻撃面も最低限は備えてます。

アグノム
アグノム@いのちのたま
性格:おくびょう 特性:ふゆう
実数値:151(4)-x-90(0)-177(252)-90(0)-183(252)
かえんほうしゃ わるだくみ シャドーボール サイコキネシス

パーティの補完枠。抜きエースの2匹が両方ともクレセリアで止まるので、特殊の速攻積みアタッカーとして採用。ギルガルドや高レート帯で増えてきたクレセクチートの並びに対処できるポケモンとして活躍してくれました。
一応地面の一貫性を消すための役割も兼ねてます。

クレセクチートの並びに対しては、あくびかアンコールで縛ったクレセリアに対して「さあ積むぞーw」と言わんばかりに投げていって、ふいうちで縛ろうと出てくるクチートを交換読みで焼き殺すのがメイン。またわるだくみ1積みで、H振りクレセリアをステルスロック込みで確定で落とせます。

メバガシャーモ
バシャーモ♂@バシャーモナイト
性格:いじっぱり 特性:もうか ⇒ かそく
実数値:155(0)-189(252)-91(4)-x-90(0)-132(252)
かみなりパンチ つるぎのまい とびひざげり フレアドライブ

積みエースその①。ファイアローがいない場合や、メガルカリオでは抜けない相手がいる場合はこちらを選出。
積むことが前提なので、まもるは切ってつるぎのまいを採用しています。
かみなりパンチは受けに出てくるマリルリやギャラドス意識。交換読みで打つわけではなく、交換の際に積んだ上で、次のターンに奇襲をかけるのが主な動き方です。マリゲンポリ2とかいう並びにはめちゃくちゃ強い。

ステルスロックのお膳立てまでできていれば、タスキで止まらないためほぼ確実に全抜きできます。ただB特化クレセリアはステルスロック+1舞フレアドライブでも落ちないので、先に削っておきたいところ。

調整してたつもりが準速になってましたが、いじっぱりだとスカーフ霊獣ランドロスが1加速で抜けない以上、1加速で最速130族抜き調整くらいにして、残りをHに回した方がいいかなーなど。

メガルカリオ
ルカリオ♂@ルカリオナイト
性格:ようき 特性:ふくつのこころ ⇒ てきおうりょく
実数値:145(0)-162(252)-91(4)-x-90(0)-156(252)
バレットパンチ つるぎのまい しんそく インファイト

積みエースその②。ファイアローがいる場合はこちらを選出。
加速できるバシャーモとは異なり、抜けない相手もまま居るため、先制技2ウェポン構成にしています。バレットパンチは主にメガゲンガーやニンフィアに対する打点です。しんそくはステルスロックで削れたファイアローの処理用。

特殊型が主流のメガルカリオですが、やはりてきおうりょくインファイトの超火力は魅力。とびひざげりと違って外す心配もないのがいいですね。一度積んでしまえば、S抜かれない限りはこちらもほぼ確実に全抜き出来ます。たとえ抜かれてても、優先度ゲーに持ち込めるのが強み。

                  ♪ ♪ ♪

[苦手なポケモン]

メバガシャーモ
メガバシャーモ

先発で出てこられると非常に辛いです。正面から殴り合えるのがこちらもメガバシャーモだけなので、先発エンペルトからとびひざげりを誘ってエルフーンで受け、アンコールで縛ってコットンガードで体制を整え、一旦引いてくれるのを待つというのが主な対処方法でした。その後こちらがバシャーモを先に出してしまえば何とか殴り勝てます。

700
ニンフィア

メガネニンフィアを後出しから受けられるのがエンペルトしかいないので。。。主にエルフーン対策として選出されることが多いようで、エンペルトが既に処理されてしまってると好き放題やられてしまいます。H振りニンフィアはメガバシャーモのフレアドライブで確1とれるので、どうしようもなくなった場合は積みを諦めて無理矢理突破するなど。

                  ♪ ♪ ♪

シーズン6も多分このパーティで挑むことになるかと思いますが、とりあえず初の2000突破記念ということでの紹介でした。何かしら参考になれば何よりです。(その前にここを見ている方でガチ勢がいるのか)

コメント

  1. 1
    ゾル
    2014年10月9日 22:52

    エンペルト・エルフーン・メガバシャorメガルカが基本でいいでしょうか?
    他ポケの使いどきが分かりませんので教えてくださるとうれしいです。

  2. 2
    ratilt
    2014年10月14日 18:36

    コメントありがとうございます!
    ご記載いただいたとおり、エンペルト+エルフーン+メガ枠が基本選出となります。
    他2体については補完的な役割なので、お好みに合わせてカスタマイズしていただければと。

    参考までに、紹介パーティでの他ポケの立ち回りを書いておきます。

    ■サンダース
    基本選出での負け筋はエンペルトが何もできずに落とされてしまうことなので、
    エンペルトが不利な相手先発を抑えるのが主な役割になります。
    エース格での役割対象としては、メガルカ、メガリザY、メガライボあたりでしょうか。
    ガブ(先発ならタスキ濃厚)やメガガル(ねこだましが辛い)がいない場合は、
    先発で出していって役割対象を処理、または一回引かせてから、
    後ろのエンペルトで起点構築という立ち回りになります。

    エンペを先発に出しておいて、相手の先発が電気ポケだった時のために、
    裏にサンダースを仕込んでおくという選出は、読み外したときに相手にアド与えるだけなので
    あまりオススメできません。耐久ないので。

    ■アグノム
    メガ枠の選出は相手パーティにアローがいるかどうかに縛られているため、
    メガルカリオを出さないといけない場合に、突破が難しいクレセ、メガバナ、ガルドあたりを
    処理するのが主な役割です。

    この子自身積みエースとして優秀なので、通りがいい場合にはメガ枠の代わりに選出し、
    フィニッシャーのアローに対面から勝てるサンダースをラストに控えさせる、
    エンペルト+アグノム+サンダース、といった選出も機能することが多かったです。
    サザンやバンギ相手には何もできないので、この辺は素直にメガ枠で対処したいところ。

    メガ枠は積まないと上取れなかったり火力不足だったりするので、
    その辺を補える高速・高火力アタッカーが補完役としては有力かな、という印象でした。
    相棒枠としてサンダースを縛ってるので、ライコウなどアローに勝てるポケモンに変えれば、
    メガルカを特殊型にしたりとカスタマイズの余地が出てくるかと思います。

    乱文ながら参考になれば幸いです。

  3. 3
    名無しさん
    2014年10月20日 8:23

    サンダースの実値おかしいんですけど耐久にも振ってるんですか?

  4. 4
    ratilt
    2014年10月20日 8:34

    失礼致しました。
    何と間違えたのかHとBの実値がおかしかったので修正しました。
    ご指摘ありがとうございます。

  5. 5
    名無しさん
    2014年10月25日 20:57

    修正&ご返答ありがとうございます
    眼鏡サンダース入りのパーティ探してたので参考にさせて戴きますね

  6. 6
    名無しさん
    2014年11月4日 19:14

    おめでとうございます

  7. 7
    名無しさん
    2015年1月2日 18:26

    アグノム悪波覚えましたっけ?

    • 7.1
      ratilt
      2015年1月31日 23:23

      >アグノム悪波覚えましたっけ?
      何と勘違いしてたのか普通に覚えませんでしたね。。。
      ご指摘ありがとうございます。記述を削除しておきました。

  8. 8
    名無しさん
    2015年1月31日 16:35

    エルフーンとエンペルトで起点作りをする発想、とても参考になりました。
    ありがとうございます。

    • 8.1
      ratilt
      2015年1月31日 23:23

      >エルフーンとエンペルトで起点作りをする発想、とても参考になりました。
      こちらこそコメントありがとうございます。エンペルトでの起点作りはORASの現環境でもまだまだ読まれづらいです。
      一方エルフーンはハイボメガマンダとかいう畜生のせいで非常に動きづらくなりましたね・・・w

  9. 9
    名無しさん
    2015年2月1日 12:21

    初心者なので非常に参考になりました。現環境でもやはりこの6体がバランスてきにいいのでしょうか?もし何かこのPTを基準として現環境に合わせた代替案(サンダースはこのキャラのほうがいいかもしれないなど)がありましたら教えて頂けると幸いです。よろしくお願いいたします。

    • 9.1
      ratilt
      2015年2月2日 0:19

      XYリーグはやってないので何ともですが、ORAS環境ですとこの構築ではメガボーマンダがめちゃくちゃきついでしょうね。ORAS環境でのエンペルト起点構築についてはシーズン7の構築記事を参照いただけますと幸いです。
      全体的に型の読まれにくさによる奇襲性を武器にしてるので、バランスがいいかと言われるとあまりそんなことはないかも。サンダースの枠は地面の一貫性を消せるサンダーとかボルトロス辺りの方が回しやすいかと思います。

  10. 10
    名無しさん
    2015年2月18日 17:55

    参考にさせていただきます。
    バシャーモの代わりにいれれるポケモンなど、思いつきますか??

    • 10.1
      ratilt
      2015年2月19日 15:40

      全抜きエースに求めるスペックは火力と素早さなので、積み技でAとSを上げられる(メガ)ポケモンが理想的でしょうか。思いつく辺りで挙げるなら、りゅうのまいが使えるメガギャラ、メガバンギ、メガリザXなど。あとからやぶパルシェンとか剣舞アローとか。
      ただパーティ単位での苦手どころがガラッと変わるので、バシャーモの枠を変えるならルカリオもセットで考え直すかなーといったところです。シーズン6~7も同コンセプトパーティですので、よければそちらの構築紹介も参考にしていただければと思います。

  11. 11
    名無しさん
    2015年2月24日 23:22

    ありがとうございます。
    サンダース→ボルトロス
    バシャーモ→メガリザードン
    で運用してみます。